車下取り買取の違い

車下取り買取の違い

 

車下取り買取の違いについて。
素人からすると、下取りと買取の違いって、
いまいちよく分からないですよね。
下取りと買取は似ているようで異なり、
メリット・デメリットも違います。
効率良く愛車を手放すためにも、
下取りと買取の違いを知っておきましょう。

 

 

 

まず《下取り》とは、車を売り、
そのお店で次に購入する車の資金を作ることを言います。
正規ディーラーで下取りをする場合、
下取り基本価格表から査定し、減額をします。
価格表は定期的に更新されるため、
その価格は必ずしもオークション相場と連動しているわけではありません。

 

 

《買取》は、車を売り、現金を受け取ることを言います。
この時点で、下取りと買取が違うことが分かりますよね。
買取価格は、オークション相場を基準に設定されており、
装備や程度などすべてを見て、算出します。
ただし、相場は会場や地域によって異なります。
ちなみに、社外品パーツなどは、プラス評価になります。

 

 

 

では、メリットとデメリットはどうでしょう?

 

 

●メリット
下取りの場合は、値引きできない分は、
下取り額で補填してもらえる場合があります。
一方で買取は、人気装備は買取価格に影響されますし、
もっとも買取価格が高いところに売ることができます。
また、ブランド車の場合は、通常よりも高値になることも。

 

 

●デメリット
下取りは、下取り額が他店に買取査定額に合わせてもらえないこと。
そして、人気車の装備なども、
買取よりもあまりプラスにならないと言われています。
買取は、相場変動が激しいため、査定額が明確でないことが多く、
低く設定される場合があることです。