車 大きなキズ・凹み

車の大きなキズ・凹みについて

 

査定に出すとき、大きなキズや凹みはマイナスになります。
細かいキズであれば、自分で修復することができますが、
大きなキズはプロでない限り、
なかなか自分では修復することはできません。
下手に触ってしまうと、キズや凹みが悪化してしまうので要注意。
また、もし修復して査定に出した場合は、
その旨をきちんと伝えるようにしましょう。

 

 

自分ではなかなか修復できない大きなキズや凹みですが、
よくある修復方法を紹介します。
技術がある方は、下記の手順でキズや凹みを修復しましょう。

 

 

・水洗い
・下地研磨
・脱脂
・超軽量パテ塗り
・超軽量パテ研磨
・脱脂
・厚付けパテ塗り
・厚付けパテ研磨
・コンパウンドシート磨き
・脱脂
・プラサフ塗装のマスキング
・プラサフ塗装
・プラサフ研磨
・コンパウンド細目
・脱脂
・カラー塗装のマスキング

・ボカシ剤
・カラー塗装
・クリア塗装
・ボカシ剤
・乾燥
・コンパウンド磨き

 

 

(参考サイト:補修ナビ 99工房)

 

 

 

上記の手順で、大きなキズや凹みを修復していきます。
ただし、最初にも述べたとおり、自己責任になります。
経験のない方の自己修復はオススメしません。