車 保険 仕組み

車の保険の仕組み

 

車の保険の仕組みについて。
車の保険には、大きく2つのタイプに分けられます。
1つは、車を購入すると、
強制的に加入しなければいけない「自賠責保険」です。
2つは、必ずしも加入しなければいけないわけではありませんが、
加入していると万が一のときに安心の「任意保険」です。

 

 

任意保険は加入が任意なため、加入していない人もいますが、
できれば加入したほうが良いでしょう。
というのも、自賠責保険ではすべての保険金は支払われないからです。
大きな事故を起こしてしまった場合、
自賠責保険が適用されますが、全額適用にはなりません。
となると、当然残りの金額は自分で払うことになります。
少額なら良いですが、大きな事故は決して少額の賠償金では済みません。

 

 

そんなときに役立つのが、「任意保険」というわけです。
近年は、任意保険も加入してあたり前の時代になっています。
加入の有無は自由ですが、「加入するもの」と考えておきましょう。

 

 

このように、車はさまざまな保険によって守られています。
誰も、事故を起こす気で運転はしません。
しかし、事故に巻き込まれたり、
安全運転でも事故を起こしてしまうことは無きにしも非ず。
そんなときに、保険にしっかり加入していると安心です。
自賠責保険は強制保険ですが、任意保険も強制的に加入するようにしましょう。