エヴォーラ

エヴォーラ(ロータス)とは

 

エヴォーラ(ロータス)とは、ロータスのスポーツカーです。
エリーザやヨーロッパSよりも上級志向のスポーツカーの開発計画の噂が浮上し、
開発コード名も「イーグルス」と漏れた中、
2008年7月の「英国国際モーターショー」で実車が公開されました。
過去に、20年以上もの歴史を持っている、
「ロータス・エスプリ」の後継車種になります。

 

 

 

2009年春に、欧州で販売が開始され、日本での価格は、
・エヴォーラ 892.5万円(2+2シーター)/850.5万円(2シーター)
・エヴォーラIPS 937.5万円(2+2シーター)/895.5万円(2シーター)
・エヴォーラS 1062.5万円(2+2シーター)/1020.5万円(2シーター)

 

 

エヴォーラの特徴は、上級志向でありながらも、
極端な大型化や高価格化は避けられました。
車体は、エリーゼよりも一回り大きくなっていますが、
エンジンはV6と快適装備の充実で、車重は1tを超えました。
また、エリーゼやヨーロッパSよりも乗り心地と乗降性が重視されており、
内外装の高級感が向上しました。
よって、生粋のスポーツカーとしての雰囲気が強く出ることとなりました。

 

 

車体は、前にも述べたように、
エリーゼやヨーロッパSと同じ2ドアミッドシップ・スポーツカー。
車体骨格もアルミ押し出し材を接着剤で組み合わせたものになっています。