ヴィータ

ヴィータ(オペル)とは

 

ヴィータ(オペル)とは、オペル・コルサの日本での販売名になります。
この車名が使われたのは、コルサの2代目・3代目。
ここでは、オペル・コルサについて記載したいと思います。

 

 

コルサは、GMグループの小型乗用車です。
4代目まで販売され、初代コルサ-Aは、1982年に欧州で販売が開始されました。
1990んんに、ドイツなどではトムとジェリーがキャラクターを務めました。

 

 

 

その後、
・コルサ-B
・コルサ-C
・コルサ-D

 

 

まで販売され、2代目は欧州では1993年に販売が開始されました。
日本国内では、1995年〜2004年モデルを、ヤナセが輸入販売していました。

 

 

 

3代目は、欧州では2001年に販売開始し、
日本では2001年〜2003年までGMが輸入販売していました。
ヤナセでも併売されました。
ヴィータにした理由は、コルサという車名がすでにトヨタに
使用されていたことが関係しています。
そのため、「オペル・ヴィータ」に改名し、販売されました。
「ヴィータ」という意味は、バイタル・ビタミンという意味を持ちます。

 

 

 

4代目は、欧州では2006年5月に販売。
日本では販売されませんでした。